スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

胡桃

►2008/09/11 17:34 

以前、お客様から
「くるみのピンクッションは、胡桃の殻を使うけれど、中身はどうするのですか?」
と、質問を受けたことがありました。

くるみのピンクッション作りに使っている胡桃は、アメリカ・カリフォルニア産のものです。
毎年秋になると、菓子食材店さんで大きな袋入りのものを購入しています。
国産の胡桃より粒が大きく、比較的容易に殻を半分に割ることができるため、
ピンクッション作りに使っています。
買ってきた胡桃は、包丁で割った後、殻は水洗い・天日干しをしてピンクッションになります。
中身の方はというと、殻から取り出したら密閉袋に入れて冷凍保存をしておきます。
そうすると、好きなときにお菓子作りに使ったり、料理に使ったりできるので、
とても便利なんです。

私の郷里、福島の方では「ゆべし」という和菓子があるのですが、その中に胡桃入りのものが
あったり、実家ではくるみ餅(胡桃で作ったたれをまぶしたお餅)やくるみ豆腐にしたりと、
とても身近な食材です。

胡桃はとても栄養価が高く、「植物性の卵」と言われるほどだとか。

我が家では常備食としてくるみ味噌を作っておきます。

kurimimiso

温かいご飯にのせて食べてもよし、お豆腐にかけたり、青菜和えに使ったりなどなど
とても便利です。

材料
味噌 50g
砂糖 大さじ2
酒 大さじ1
みりん 小さじ1
胡桃 20g(包丁で好みの大きさまで刻んでおく)

作りかた
1 味噌・砂糖・酒を耐熱容器に入れてかき混ぜ、30~50秒×2回電子レンジで加熱する。
  取り出すたびにかき混ぜ、ムラをなくす。

2 みりんと刻んだ胡桃を加えてかき混ぜ、最後に10~20秒電子レンジで加熱する。 


滑らかな食感がお好みの場合は、すり鉢ですりつぶしたり、
フードプロセッサーを使ってみてください。


10~11月になると、新ものの胡桃が出回りますので、ぜひ一度お試しください。



スポンサーサイト

foodComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。