スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

フィレンツェの香り

►2010/02/05 11:10 

植物の香りが小さい頃から好きだった私が
香水やオードトワレに初めて興味を持ち始めたのは中学生の頃。

母がその頃身に纏っていた、ニナリッチの「レールデュタン」が
香水との最初の出会いでした。

そして、初めて自分でオードトワレを買ったのは高校卒業して間もなく。
それは、ジバンシイブルーと呼ばれるフレッシュな香りの「オーデジバンシイ」。


一吹き身に付けただけで、心の持ちようやしぐさを変えてしまう
不思議な水との時間の始まりでした。


服のコーディネートやその日の気分、出かける場所や出会う人に合わせて
香りや使用する量を考え、また、同じ香水は1週間続けて身につけない。
状況によっては、全く香水をつけない。
そんな自分の中で決まり事を作って付き合ってきた香水。

香水の街「グラース」へも足を運んで、蒸留所や畑を見学したり、
アロマセラピーも本格的に勉強するようになりました。


今まで十数年、費やした額は恐ろしくて計算したことがないけれど、
たくさんの香水やオードトワレに魅せられてきました。


数年前、そろそろ身につけることができるかなと思い、
念願だったジャンパトゥの「JOY」と「1000」を購入。
特別な日や気持ちの時に、この2つのお世話になっています。


普段使いの香水は、バラの香りのものを中心に使用していますが、
そろそろ残り少なくなってきたので、リピートしようか
新たな香水にしようか考えていたところ、
イタリアDerbeの香水と出会いました。

ここからが題名のフィレンツェの香りのお話。
とても前置きが長くなってしまいました(汗

020_20100207102612.jpg
シンプルなボトルが逆に新鮮

Derbeはイタリア・フィレンツェで1965年に立ち上げられた、まだ新しいハーブ化粧品メーカー。
イタリア国内の2000店舗もの薬局やハーブ専門店で取り扱われていて、
日本をはじめ14カ国にも輸入されているのだとか。
日本ではDerbeのオンラインショップやアマゾン、全国の有名百貨店でも取り扱われています。


天然香料で作られたDerbeの香水。

今回は

022_20100207104932.jpg
忘れな草


024.jpg
ローズ&ブラックベリー

そして、

026.jpg
ジンジャー&ジャスミン

をオーダーしてみました。


普段使いにするには、私は忘れな草がいいかな。
それぞれに、イタリアらしさやフィレンツェぽさを感じられる香りたちです。

ボトルはスプレータイプ。
ただしオードトワレではなく香水なので、勢いよく吹き付けると大変なことになります。
香りに酔ってしまいますのでご注意を。

スポンサーサイト

お気に入りComment(2) | Top ▲

コメント

ご無沙汰しています^^
ステキなエピソード、フィレンツェの香りを
私も感じながら読ませていただきました。
何年も前に行った 一日だけのフィレンツェ、思い出しながら。
私もしっくりなじむ香りをまとうことに憧れを持ちつつも
なかなか生活に流されて… 
せいぜい帰宅後のアロマを楽しむ程度です。
自分にぴったりの香りを見つけること、憧れだな~~♪


No:174 2010/02/27 13:29 | ディノクッキー #Yc8YNWAUURL[ 編集 ]

Re: タイトルなし

ディノクッキーさんへ

こんにちは♪
こちらのほうこそご無沙汰してしまいましてゴメンナサイ。
フィレンツェでの素敵な時間を思い出すきっかけになったのであれば幸いです。
香水に限らず、自分の安らげる香りが傍にあると、
日々の暮らしがより楽しくなったり、
疲れている時などはレスキューしてくれたりして、とても助かりますネ。
私にとってのそんな香りの原点は、母の育てているバラたちの香りかなと思います。
バラの香りに母を思い出して、自分を落ち着かせたり奮い立たせたり。
そして時には戒めたり。
月美の体臭?!にも安らぎを感じています(笑

ディノクッキーさんにも自分に合った香りが見つかるといいですネ~♪


No:175 2010/02/28 19:17 | Lena #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。