スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

北の国から

►2009/07/08 10:41 

6月後半から7月の今の時期はラベンダーの季節ですネ。
すっと伸びた枝の先に小さいけれど香しい紫の花が咲くラベンダー。
鑑賞としてだけでなく、アロマセラピーでもとてもお世話になっているハーブです。

独身時代に友人と約2か月、南フランスやイタリアを放浪した時も
ちょうどラベンダーの美しい季節でした。
香水の街「グラース」を訪れた時は、ちょうどラベンダーの収穫シーズン。
街全体がラベンダーをはじめ、様々な植物の香りで満たされていました。


国内最大の生産地といったら北海道でしょうか。
富良野のラベンダー畑はとても有名ですネ♪


昨日は、主人が日帰りで旭川へ出張。
忙しい中、私の気持ちを察してくれたようなお土産を買ってきてくれました。


omiya.jpg

ドライのラベンダーとラベンダー入りの紅茶です。



omoya2.jpg

色味と花穂の感じからすると、濃紫でしょうか。
いい香りが部屋いっぱいに漂います。



omiya3.jpg

ラベンダーのハーブティーは飲んだことがありますが、
ラベンダーの花穂が入った紅茶は初めて。
どんな味と香りなんでしょう?


主人に感謝しながら、ラベンダーを楽しみたいと思います。




スポンサーサイト

diaryComment(2) | Top ▲

コメント

わ~旭川に!
私たちも8月下旬に行くのでついつい反応してしまいました。今ラベンダー最高の時期ですね!いいな~。
やさしいご主人ですね。
2ヶ月も南仏など旅されたとのこと、すばらしいですね~!
私もいつか行ってみたい場所のひとつです。

「北の国から」というタイトルにも過剰反応。
北海道をドライブする際に聴くCDを作ろうと思って
さだまさしの「北の国から」のサウンドトラックを
図書館で借りてきたところだったんです!(笑)


No:101 2009/07/10 10:47 | tami #-URL[ 編集 ]

Re: タイトルなし

tami さんへ

そうですネ~、富良野のほうへ旅行に行くって、言ってましたネ♪
過密スケジュールの中、お土産まで買ってきてくれた主人に本当に感謝です。

南仏もイタリアも、とてもいいところでした。
ハーブが雑草のように!?いたるところに自生していました。
日本食がまったく恋しくならないぐらい食べ物もとっても美味しかったです。
ワインも◎でしたが、何といってもリカール(またはペルノ)をお水で割った
パスティスが良かったです!
リカールもペルノも透明なお酒なのですが、水で割ると白濁するんですヨ!

さだまさしさんの「北の国から」いいですネ~
あの曲を聴きながら目を閉じると、北海道の広大なた大地が目の前に。
良い曲は何年時を重ねてもいいですネ


No:102 2009/07/10 12:32 | Lena #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。