スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

6月の限定石けん

►2009/06/17 11:10 

今月の限定石けんは2品をご用意しました。


spgt2.jpg

こちらは「ガスール*トレハ」


ミネラルがとても豊富なガスールと保水力の高いトレハロースを入れ込んだ石けんです。

ガスールはモロッコ原産のミネラル分を含んだ粘土。
マイルドな使い心地で、洗顔やパック、ヘアケアなどによく利用されます。
私自身もオイルと合わせてフェイシャルパックをしたり、、蜂蜜と合わせてヘアパックに使ったり。
石けんに入れると、キュッキュッとした不思議な使い心地になりお気に入りです。

今回は、オリーブオイルと米油、太白ごま油の夏らしいオイルレシピの石けん。

香りはスペアミントの爽やかな甘さがアクセントになったやさしい香りです。



spdr2.jpg

もうひとつは「デリシャスローズ」


この石けんの製作には昨年の春から1年がかり。
それは、昨年春に実家で咲いたバラの花びらを乾燥させることから始まりました。

実家では我が家同様に無農薬でバラを育てています。
様々な種類のバラの中から、特に香りのよいバラ4種類の花びらを集めて乾燥させ、
大切に保管しておき、今回の石けん作りに使用しました。

今回使用しているバラは、オールドローズのシャルル・ド・ミル、ジャック・カルティエ、
シャポー・ド・ナポレオン、そしてハイブリットティーローズのパパメイアン。
香りがとても良いバラたちで、花が開きだすと、お部屋の中にいても
「あっ、パパメイアンが開いた!」とわかるほど、どれもとても強香です。

湿度と温度を避けて大切に保管しておいた花弁は、石けん仕込みの2か月前から
使用するオリーブオイルにじっくりと漬け込み、そのオイルをメインに、
オーガニックホホバオイルもベースの段階から使用しました。

オプションでは、真珠の母貝「アコヤ貝」のパウダーを入れ込んでいます。
そして、香りつけには香り高い3種類のバラの精油、ジャスミン、ネロリと、
花の精油のみを使いました。

生花とはまた違った香りをご堪能頂けるのではと思っています。


実家では今年の春もたくさんバラが咲いていました。
そして今回も花びらを集め、乾燥させて持ち帰ってきました。
その花弁はまた新たな石けんにできたらいいなと思っています。


石けんの発売は今夜10時~です。

スポンサーサイト

soapComment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。