スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

胡桃

►2008/09/11 17:34 

以前、お客様から
「くるみのピンクッションは、胡桃の殻を使うけれど、中身はどうするのですか?」
と、質問を受けたことがありました。

くるみのピンクッション作りに使っている胡桃は、アメリカ・カリフォルニア産のものです。
毎年秋になると、菓子食材店さんで大きな袋入りのものを購入しています。
国産の胡桃より粒が大きく、比較的容易に殻を半分に割ることができるため、
ピンクッション作りに使っています。
買ってきた胡桃は、包丁で割った後、殻は水洗い・天日干しをしてピンクッションになります。
中身の方はというと、殻から取り出したら密閉袋に入れて冷凍保存をしておきます。
そうすると、好きなときにお菓子作りに使ったり、料理に使ったりできるので、
とても便利なんです。

私の郷里、福島の方では「ゆべし」という和菓子があるのですが、その中に胡桃入りのものが
あったり、実家ではくるみ餅(胡桃で作ったたれをまぶしたお餅)やくるみ豆腐にしたりと、
とても身近な食材です。

胡桃はとても栄養価が高く、「植物性の卵」と言われるほどだとか。

我が家では常備食としてくるみ味噌を作っておきます。

kurimimiso

温かいご飯にのせて食べてもよし、お豆腐にかけたり、青菜和えに使ったりなどなど
とても便利です。

材料
味噌 50g
砂糖 大さじ2
酒 大さじ1
みりん 小さじ1
胡桃 20g(包丁で好みの大きさまで刻んでおく)

作りかた
1 味噌・砂糖・酒を耐熱容器に入れてかき混ぜ、30~50秒×2回電子レンジで加熱する。
  取り出すたびにかき混ぜ、ムラをなくす。

2 みりんと刻んだ胡桃を加えてかき混ぜ、最後に10~20秒電子レンジで加熱する。 


滑らかな食感がお好みの場合は、すり鉢ですりつぶしたり、
フードプロセッサーを使ってみてください。


10~11月になると、新ものの胡桃が出回りますので、ぜひ一度お試しください。



スポンサーサイト

foodComment(0)Trackback(0) | Top ▲

ご無沙汰しております

►2008/09/08 08:14 

前回の更新からだいぶ経ってしまいました。
ご無沙汰しております。

猛暑や集中豪雨など、今年の夏は昨年にも増してとても不安定で変なお天気でしたが、
お変わりございませんでしたか。

私は家族の病気のことがあったため、早めにお店をお休みして、
いつもの夏とは少し違う時間を過ごしました。


病気になった家族、それは私の母でした。
今まで誰が病気になったのかを伏せていましたのは、母からの強い要望だったため
回りくどい表現で書いておりました。

私のブログは、とても日記とは呼べないほどののんびりとした更新なのですが、
とてもありがたいことに読んでくださる方々がいらっしゃいます。(本当にありがとうございます)
その中には、私や家族の友人だったり、遠くに住んでいる親戚もいます。
もし、母と特定した上で病気のことをこちらに書いてしまうと、
母の友人や親戚に必要以上の心配をかけてしまうことになる為、
「病気が治るまでは書かないでほしい」と言われておりました。


大変ご心配をお掛けしましてすみませんでした。
また、励ましのメールをくださった皆様、本当にありがとうございます。
お返事ができなくてすみませんでした。
嬉しくて何度も何度も読み返し、不安でしかたがない時は、力をわけてもらいました。
幸いにも母の手術は無事に済み、退院もして、今はゆっくりと自宅療養中です。


母は、まず胆のう炎を患い入院しました。こちらは投薬治療で済んだのですが、
入院した際に精密検査を受けましたところ、肝臓の数値が以上に高くなっており、
また卵巣に腫瘍が発見されました。
肝臓の数値は、亡くなってもおかしくないほどまでに上がっていたようです。
いつも元気で食生活も乱さない母だけに「どうして?」と、とてもショックでした。
そして卵巣の腫瘍摘出のための2度目の入院。
当初は開腹手術の予定だったのですが、担当の先生の的確な判断と確かな腕のお陰で
術中に内視鏡手術に変更し、無事腫瘍を摘出して頂くことができました。
そして、入院してから1週間で退院することができました。
もし、開腹手術だったら、こんなに早く退院はできませんでしたし、
退院後も普段の生活に戻るまでしばらく時間が掛かったと思うと、
担当してくださった先生と看護士の方々には言葉で表せないぐらい
感謝の気持ちでいっぱいです。
その後、心配だった腫瘍の病理検査の結果は良性とわかり、
また、肝臓の数値も平常値まで戻りました。

今回、母の病気を通して、心身ともに健康でいることのありがたさ、
支えてくれた友人や家族の大切さを改めて感じました。
健康でいることって、とても幸せなことなんですね。

これから段々と涼しくなり、夏の疲れが出やすい時期かと思いますので、
皆様もどうかご自愛くださいましてお過ごしください。


tsukimi0808
最後に、今回何度も東京と実家を一緒に往復してくれた月美のお昼寝姿です。


tsukimi08082
アクロバティックな格好ですが熟睡しています。






diaryComment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。