スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

緑のカーテンと夏野菜たち

►2009/07/24 09:33 

今年も、リビング横の部屋の窓に緑のカーテンを作っている我が家。
昨年よりも大きいネットで窓全体を覆いました。
なので、こちらの窓から夏の間は出入りできません(苦笑

昨年は朝顔だけで作ったカーテンですが、今年はグングンと伸びてくれる
ゴーヤも植えています。


midoric1.jpg

ゴーヤの勢いがすごいです。


そんなゴーヤ、黄色い花を毎日のように咲かせてくれます。
その花、とってもいい香りなのです♪
洋蘭にありそうな甘い香りです。


goyao.jpg

こちらが雄花
圧倒的に雄花のほうが多いです。


goyam.jpg

そしてこちらが雌花です。
茎の部分が赤ちゃんゴーヤみたいになっているのがわかりますか?
受粉完了すると、花が落ちてこの部分が日に日に大きくなっていきます。


goyami.jpg

こんな感じに♪
現在の大きさ約5㎝。
NHK連続テレビ小説の「ちゅらさん」に登場したゴーヤーマンくらいの大きさかな。
ちなみに我が家にはゴーヤーマンのキーホルダーがあります(笑

今のところ病気にもかからず、窓に付いている網戸にまでツルを絡めるほど元気なゴーヤです。



そして、永田農法で育てているトマトと鷹の爪も元気に育っています。

taka_20090724093803.jpg

鷹の爪は花が咲きだしました。
培養土で育てるより株の大きさが小柄ですが、充実してきました。


toma722.jpg

トマトのほうは2番目に咲いた花が実になってきました。
現在の草丈は約1m。
ヒョロっとしていますが、風にも負けずにがんばっています。
水分を抑えて育てているため、空気中の水分をキャッチしようとしているみたいで茎の毛がたくさん。
現在のところ、病気も出ていません。
無事に実が熟してくれるでしょうか。


ここ数日涼しい日が続いていますが、酷暑の夏を緑のカーテンが和らげてくれればと思います。

スポンサーサイト

petit gardenComment(2) | Top ▲

シャンデリア?

►2009/07/09 10:04 

dryhy7.jpg

新しいシャンデリア???




>> ReadMore

petit gardenComment(4) | Top ▲

切りどき

►2009/07/03 14:41 

6月から咲き続けてくれているアジサイ「アナベル」

ana0906.jpg

これが6月げ下旬頃の画像



そして今は

ana0974.jpg

だいぶ緑色に変わってきました。

もうそろそろ切ってドライにしてあげようと思います。




petit gardenComment(2) | Top ▲

夏野菜栽培

►2009/06/20 16:26 

今年の夏野菜は、トマト・鷹の爪・ゴーヤ・大葉を栽培しています。
大葉は、昨年のこぼれ種からたくさん芽が出たので
種や苗は購入しませんでした。


ツル性植物好きの私。

ゴーヤの成長には毎日ワクワク♪

goya.jpg

そろそろネットを貼ってあげないとです。


トマトと鷹の爪は、永田農法にて栽培してみることに。

天然生活6月号で紹介されていた方法で、
日向砂ともみ殻くん炭を9:1でブレンドして、
マルチにヤシの繊維を使いました。

taka_20090622192847.jpg

鷹の爪です(画像がぶれててごめんなさい)
まだ花も付いていませんが、根はしっかりと張っているので大丈夫かな・・・


トマトのほうは、例年ミニトマトを育てるのですが、今年は大きいトマト「ホーム桃太郎」に挑戦

tomato_20090622192847.jpg
6/20現在、花が2つほど咲いています。


極力水と肥料を控えて、植物自体の強さに任せる永田農法。

きっとトマトの皮は厚く固くなると思うけれど、味の濃いトマトになってくれたらいいな。



petit gardenComment(2) | Top ▲

紫陽花

►2009/06/12 14:47 

梅雨のどんよりとした空気の中、我が家のアジサイたちは元気です。

hy4.jpg

3週間ほど前は、咲き始めたばかりだったブルーの紫陽花



hy1.jpg

今ではすっかり花盛り



そして2年目のアナベル

hy3.jpg

開き始めはこんなに小さかったのに



hy.jpg

今ではこんなに大きく。
毬ぐらいの大きさになりました。

ドライにするまで今少し楽しめそうです。



hy2.jpg

今年の我が家の紫陽花たち、例年にも増して元気が良くてびっくりです。

1月に前年より大きな鉢に植え替えていたのですが、春の訪れとともに
どちらの紫陽花も水の吸い上げがすごくなり、すぐに水切れを起こして困っていました。

花が終わってからか、それとも冬になってからか、はたまた今すぐにかと悩んだ末に、
急遽さらに大きい鉢に植え替えました。
これ以上水切れを起こさないで、なんとか夏を無事に越してくれればいいなと思います。


petit gardenComment(1) | Top ▲

球根たちの春5

►2009/04/18 11:01 

025.jpg

ブルーのヒヤシンスが咲いてから10日遅れほどで

ピンク色が咲いてくれました。

なかなか自分では選ばない色なので新鮮な印象です


033.jpg

昨年に苗で購入したラナンキュラスも咲きだしてくれました

白色が清楚な感じでお気に入りです


そして、いよいよバラたちの蕾も♪

028.jpg

オールドローズのグリーンローズです

バラらしからぬ色と花形ですが、素敵なんです


このほかにも、カクテルやロサポミフェラ、イングリッシュのチャールズ・レニー・マッキントッシュなどが

蕾を上げ始めました。

早ければ来週にはどれかが咲き始めてくれそう

大好きなバラの季節の到来です。


petit gardenComment(6) | Top ▲

球根たちの春4

►2009/04/16 16:29 

遅ればせながら、我が家のチューリップたちが咲き出しました。


119.jpg

第一号はこの赤紫色

八重咲が似合う色です

少し大人っぽい印象


120.jpg

118.jpg


続いてはペールピンクとレモン色の2つが同時に

どちらも強い色ではなくて、ふんわりやさしい色合いです

レモン色のほうを見ていると、レモンパイが食べたくなってしまいまいました



どのチューリップも陽がサンサンと当たってから撮影してしまい、全快で開いている状態です

全開の様子はあまりかわいいとは言えないけれど

夜になるとちゃんと閉じるので不思議です。


116.jpg

草丈は40㎝ぐらいで、どれも八重咲のチューリップたち

華やかな八重咲が主流になっているのでしょうね



「咲いた咲いたチューリップの花が

 並んだ並んだ赤・白・黄色・・・・・」


チューリップの歌を口ずさみながら、初めて自分で植えたチューリップを堪能しました。

petit gardenComment(2) | Top ▲

記念の桜

►2009/04/12 11:33 

105.jpg

以前の住まいに越した時に、お世話になっているご夫妻から頂いた鉢植えの桜。

今年も愛らしい花を見せてくれました。


106.jpg

色合いが、ソメイヨシノとは違い濃いめのピンク。

蕾がまたカワイイ~

パクッと食べてしまいたくなるような色です。


112.jpg

「本当に食べられないから、私には興味がないワ~ン」

とばかりに、月美は無関心。

いつものように日向ぼっこです。



108.jpg

この桜が咲き終わると、ご近所の家々では藤の花が咲き出します。

花の季節は始まったばかりです。


petit gardenComment(0) | Top ▲

球根たちの春3

►2009/04/10 18:22 

110.jpg

暖かい日が続くようになって、秋に植えた球根のムスカリが見ごろを迎えました。


109.jpg

一か所にまとめ植えをしたので、咲き揃うと一段と素敵

陽の光を求めて、一生懸命に首を伸ばしているみたいです。


111.jpg

このブルーの色素が、バラにあったらなぁなどと、バラ好きの私は考えてしまいました。

とてもきれいに咲いてくれている中から数本カットさせてもらって、お部屋の中にも飾りました。


おうちの中も春です。



petit gardenComment(2) | Top ▲

天敵

►2009/03/31 14:12 

059.jpg

バラたちの芽ぶきの時期になりました。


そして・・・


今年も私の天敵が飛来しました。


aburamushi.jpg

小さくて見えづらいと思いますが


アブラムシです



農薬や化学薬品を使っていない我が家の植物たちには、

毎年たくさんのアブラムシが姿を見せます。


そして、そのアブラムシたちには申し訳ないのですが、

見つけ次第プチプチと指先で潰します。

なのでこれからの時期、私の指先は黄緑色に。

本来の意味とは違うかもしれませんが、まさにグリーンフィンガー。


アブラムシ対策には、木酢液やニンニクを漬けた焼酎を薄めて使ったり、

牛乳を使ったりなどなど。

それでも、どこからともなく憎きアブラムシはやって来ます。


母から教わったこと

それは「アリとアブラムシは共存共栄」

もし、育てている植物の周りでアリを見つけたら、アブラムシがどこかに潜んでいるはず。

目を凝らして、じっくりとアブラムシ探しをしてみてください。






petit gardenComment(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。